お彼岸について

お彼岸とは

「暑さ寒さも彼岸まで」といい、一年中で最もよい季節にお彼岸の日があります。
お彼岸は年二回、三月の春分の日と、九月の秋分の日を「中日」として、その中日の前後三日ずつを合わせた一週間を「彼岸」といいます。
お彼岸という言葉は、古代インド語の「ハラミタ」を「到彼岸」と訳したことに由来します。
もともと極楽浄土という真実の理想の郷(悟りの世界)を意味しており、迷いや苦悩に満ちたこの世の「此岸」(しがん)に対して、理想の彼方のところ(彼)をさす言葉です。
仏教では、悟りをひらいた人は、彼岸にたどり着くことができるとされています。
このことからも、仏教行事のなかでも、もっとも仏教思想をふまえた行事ということになるでしょう。
しかし、彼岸の行事は、仏教発祥の地であるインドにも、中国にもない、日本独特の行事ともいえます。
また、この教えのなかでは、彼岸に到着するために「六波羅密」という六つの実践方法をすすめています。

一、「布施」 自分の持っているものを他の人に感謝の気持ちで施をする
二、「持戒」 いましめを守る
三、「忍辱」 不平不満をいわず正しい心を持ち続ける
四、「精進」 精進努力する
五、「禅定」 常に心の平静を保つ
六、「智慧」 ありのままの真実の姿を見つめ智慧を働かせる

すなわち、お彼岸にお仏壇やお墓を美しく整え、花や水をそえると共に故人の好物をお供えし線香や灯明をあげるのは、実はすべて六波羅密を実践していることなのです。
実際は、毎日心がけた方がよいのですが、忙しい現代ではそれは難しいので、せめて、気候のよい春と秋のお彼岸の七日間くらいは実践しましょう、というのが「お彼岸」の始まりです。
お彼岸には、ぜひご家族揃ってお墓参りをして、故人を偲びたいものです。

お寺様では

お寺様ではお彼岸の間、「彼岸会」を営んでいて、そこで読経やご法話などが行われています。
お墓参りの折りには、彼岸会にも参加してご供養をお願いしてもらいましょう。

お墓参りの前にご本堂へ

お彼岸のお墓参りは、お彼岸の七日間のうちであればいつでもかまいませんが、できればご家族が揃って行かれる日を選びましょう。

また、お寺様にお墓がある場合は、「お供え物」程度は持っていき、まずはお寺様の本堂のご本尊様にお参りをすませてからご先祖様のお墓に向うのが普通ですが、時間がないようでしたらせめて、お寺様にご挨拶をしてから帰るくらいの心くばりは忘れないようにしましょう。

お墓参りのしかた

お墓の掃除から始めましょう。
汚れたり、コケのはえている墓石はタワシで洗って、きれいにします。
ご先祖様も汚れたお墓よりもきれいなほうが気持ちいいでしょうし、汚れたものをきれいにするのは道理です。
水鉢もきれいに洗い、新しい水をそそぎ、掃除が終わったら、花を飾り、ローソクを灯したり、お線香を立てます。

合掌礼拝のまえに、水桶からひしゃくで水をすくって墓石にかけます。
このとき、遠慮がちに墓石の下のほうだけさりげなくかける人がおりますが、堂々と墓石の上からたっぷりとかけてください。

なぜなら、この水は餓鬼に施す水でもあるからです。
水を飲もうとして口まで持っていくと水は火に変わってしまい、なかなか水の飲めない餓鬼でも、お墓にかけた水だけは存分に飲めるといわれています。
そうした餓鬼をあわれんで水を施し与えようということから、墓石に水をかける習慣が始まった、と考えられていますから、おなじ施すのならたっぷりと施したいものです。

お墓参りの必需品

お墓参りには、次のものが必要です。
掃除用のほうき、たわし、雑巾、バケツ、念珠、マッチ、ろうそく、線香、半紙、お供え用のお花、菓子、果物など、水桶とひしゃく、その他、墓石に刻まれた部分を磨くためのブラシを持参すると便利です。
これらのものは、お寺で貸してくれるところもありますし、大きな霊園では、売店や管理事務所で貸したり販売していることもあります。
ですが、お寺様はお墓参りの道具を借りるところではありません。
事前に調べて忘れもののないように用意して行きましょう。

また、浄土真宗では、お彼岸として悟りに到るための修業はせず、日本古来からのこのお彼岸の行事を「悟りの世界(お浄土)へ到らしめてくださる如来様のお徳を讃え、そのお心を聴聞させていただく仏縁」として大切にしています。

お盆について

新盆提灯は新盆の家庭に親類が贈る習慣がありますが、秋草模様などの絵柄の入ったきれいなものは、
毎年のお盆に使われますが、絵柄の入った盆提灯は毎年お盆に使いますので、できるだけ良いものを選ぶと良いでしょう。

お盆のご準備

お盆には、ご先祖や故人の霊が一年に一度家に戻ってこられるといわれ、各家では、十三日の朝には、仏壇をきれいに清掃し、先祖の霊を迎えるための場所、つまり精霊棚を準備します。

お盆のまつりかた

●お仏壇の前にお供え物机を置き、真菰で編んだゴザを敷きます。
●位牌、香炉、火たて、花立て、リンを机の上に移します。
●迎え団子を13個お皿に盛って供えます。
●ナスとキュウリをさいの目に切り、洗い米を混ぜた「ミズノコ」と水に蓮の葉を入れた「閼迦水」を供えます。
●ナスとキュウリで馬と牛を作って供えます

※精霊棚を作るスペースがない場合はお仏壇の前に略式の精霊棚を造ってお祀りします。

●「御供え物机」の上に「まこも」を敷く。
「蓮の葉」に季節の果物や野菜を盛りつける。
「料具膳」に精進料理を、「供物台」には故人の好物等をお供えする。
両脇には「行灯」や「提灯」を飾り明りを灯します。

お盆とは

お盆は、正しくは「孟蘭盆会」といいます。
梵語でウラバンナ(逆さづりにされたような苦しみ)といい、「孟蘭盆会」はその音が転じて、略してお盆というようになったといわれています。

そもそもこの行事は、お釈迦さまのお弟子の目蓮尊者が、亡くなったお母様が餓鬼の世界で生まれ変わり苦しんでいるのを知り、なんとか救おうとその母に食物を与えるのですが救われず、お釈迦様のお導きで、多くの衆僧を招いてご供養の大布施行を捧げたところ、餓鬼の苦しみからのがれることができたといいます。
その日が七月十五日であったという故事から、この期間に、ご先祖の霊をわが家に迎えてご供養を捧げ、また、仏様の浄土に送り返す「孟蘭盆会」の行事が行われるようになったといわれます。

お盆の期間

お盆の期間は、関東では毎年の7月13日から16日(初盆の家庭では7日より16日)までですが、関西では「月おくれ盆(旧盆)」といって、お盆の行事は8月13日から16日までとり行われます。
今年お亡くなりになって初めて迎えるお盆を「新盆」と言い、8月7日より特に丁重にお祀りをします。

新盆の迎え方

●今年故人の四十九日の忌明け後、初めて迎えるお盆のことを「新盆」とか「初盆」といいます。
新盆のご供養は、特にていねいに行います。
このときは、親族や故人と親しかった友人などをお招きし、お寺様に読経してもらい、仏様のご供養の意味で参加者全員で会食をします。
なお、お盆の時期はお寺様の最も忙しい時ですから、読経の依頼は、早めにお願いしておきましょう。

●故人の忌明け前にお盆を迎えた時は、翌年が新盆となります。

迎え火で祖霊を迎えます

お迎えは13日の夕方に角口等で「ほうろく」の中で「おがら」を焚いてお迎えします。
ご先祖様が「おがら」の炎と「提灯」明かりを目印にお家に帰ってこられるとされています。

実際に火を焚くことができない場合には、代わりに期間中、盆提灯を灯すことが多いようです。
盆提灯や盆灯籠は、ご先祖の霊を家にお迎えする際の目安になるものですから、お盆期問中はずっと仏前に飾っておきます。

お盆のお給仕

お盆の期間中は「お灯明」を灯し故人の好物を御供えし、朝夕家族でお経を読み、丁寧に御供養します。
お献立は精進料理を主に故人の好物をお供えします。献立は地域により異なりますが、京都の献立例として。

13目 夕 お迎え団子・おしんこ
14目 朝 おひたし・おはぎ・味噌汁
14目 昼 高野豆腐・のっぺい汁・漬物
15目 朝 ご飯・お平・味噌汁
15目 昼 そうめん・巻き寿し
16目 朝 揚げ豆腐・かぼちゃ・おひたし
16目 昼 スイカ・団子

僧侶が棚経にお越しになります

お盆には僧侶が棚経に各家を回り、ご先祖様への追善回向の読経をいただきます。
お寺様には前もって日時をご相談しておきましょう。
お礼としてお布施を用意します。

送り火を焚いて祖霊を送ります

15日又は16日夕方にお迎えした場所で「麻がら」を焚きご先祖様の霊を送り、お供物は「精霊舟」に載せてお送りします。

16日の夕方、送り火を焚いてご先祖の霊を送ります。
ご先祖の霊をお送りした後、お供え物などを川や海に流します。

これを「精霊流し」とか「灯籠流し」といって、お盆の間お供えした飾り物をご先祖への手土産として、
わらやおがらなどで作った精霊舟に灯籠やロウソクを立てて、送り出すのですが、現在では、川や海の汚染問題から、焼却せざるをえない所も多くなっているようです。

盆提灯について

新盆提灯は新盆の家庭に親類が贈る習慣がありますが、秋草模様などの絵柄の入ったきれいなものは、
毎年のお盆に使われますが、絵柄の入った盆提灯は毎年お盆に使いますので、できるだけ良いものを選ぶと良いでしょう。

盆踊り

もともとはお盆に帰ってきた霊を慰め、無事に送り返すための宗教的な行事でしたが、今では夏のイベントの趣が強くなっています。
本来は寺院の境内や墓地の近くの広場を選んで行われていたものです。
大衆娯楽として発達したものですから、その行事の方法も地方によってずいぶん違うようです。

法要・法事Q&A

Q1 法要や法事とは?

法要・法事とは、仏法のすべての行事を指します。
初七日から満中陰「忌明け」(きあけ)・百カ日・一周忌から百回忌など、
亡くなった御霊を供養するための法要をいいます。

Q2 命日とは?

「命日」とは故人の亡くなった「月・日」を指します。
また、毎年来る命日のことを祥月命日(しょうげつめいにち)と呼びます。

Q3 法要はいつおこなうか?

亡くなられて初めて迎える七日目から百カ日までの「忌日法要」。
亡くなった日より1年後の一周忌から、定まった年毎に故人の追善供養する為の「年忌法要」とあります。

Q4 忌日法要とは?

亡くなった直後の霊魂は不安定なので、毎日丁重に供養する事で魂が安らかに
静まっていくと古くから考えられています。
そこで、次に生まれ変わるまでの期間が四十九日間あるとされ
この間の存在を中陰と言います。
中陰の期間で亡日から1週間目が「初七日・しょなぬか」と呼び
1週間毎に欠かさず丁重に供養する慣しとなっています。

忌日法要日程一覧

命日より7日目 * 「初七日」 しょなぬか
命日より14日目 「二七日」 ふたなぬか
命日より21日目 「三七日」 みなぬか
命日より28日目 「四七日」 よなぬか
命日より1カ月目 「月忌」 がっき
命日より35日目 * 「五七日」 いつなぬか
命日より42日目 「六七日」 むなぬか
命日より49日目 * 「七七日」 なななぬか 満中陰(忌明け)
命日より100日目 * 「百カ日」 ひゃっかにち

忌日法要の日には、親類や親しかった人を招いて、寺院や自宅でお寺様の読経の後に
精進料理を供して法要を営みます。
法要の営み方は、宗派や地方の風習などによっても異なり、特に定まった方法はありません。
事前に必ず、お寺様とよくご相談の上お決め下さい。

Q5 忌日法要いつおこなうのか?また、どうするのか?

●初七日の法要
初七日は、正式には亡くなった日から数えて七日目に行う法要です。
初七日の法要は葬儀にひと区切りをつける日として、忌日の中でも特に大事な法要です。
親戚や故人と親しかった友人を招いてご供養します。
最近では本葬後に引き続いて初七日の法要を兼ねて営むことが多くなりました。

●五七日の(三十五日)法要
初七日の後は二七日、三七日、四七日の法要と続きます。
五七日(三十五日)は、地方や宗派によっては引上げて「忌明け」とするところもあり
初七日と同様、盛大に法要を営みます。

●七七日(四十九日)の法要
七七日は、忌日の中でも最も重要な法要の日。この日をもって忌明けとします。
納骨、埋骨香典返し・形見分けなどもこの日に行います。

●百カ日法要
七七日の法要以降は、百か日を迎えるまで、特に大きな法要はありません。
この百か日の法要も、かつては盛大に行われました。
しかし、最近ではごく内輪にすませることが多くなりました。
百か日法要後は一周忌からの年季法要となります。

毎月の命日に当たる日を「月忌」といいますが、一般には「月参り」として僧侶をお招きしてお経をあげていただきます。
その年のお盆には「初盆」としてお盆には丁重に新仏の御霊をお迎えする行事があります。

Q6 忌明け(きあけ)とは?

命日より49日目の満中陰で中陰期間が満たされ「忌明け」となります。
忌明けとは忌み篭りしていた遺族が日常の生活に戻ることを言います。

Q7 忌明け(きあけ)では何をするのか?

まず、お仏壇とお位牌を準備します。
葬儀後、おまつりしている祭壇は忌明け迄使用するもので
以降はお仏壇に納めておまつりします。
故人の御霊はお仏壇におまつりするご本尊様により導かれ、成仏されると云われています。
お位牌をご本尊様のそばに安置するために、お仏壇が忌明けには必要となります。
忌明けには葬儀後おまつりしていた白木の位牌をお寺様に納め、
漆塗り等の本位牌をおまつりします。
本位牌の制作には約2週間程かかります。お早目に当社にお申し付け下さい。

Q8 年忌法要はいつおこなうのか?

「年季法要」「年回忌」は定められた年毎の祥月命日に追善供養をつとめ、仏様を偲びます。
忌明けとは忌み篭りしていた遺族が日常の生活に戻ることを言います。

年季法要日程一覧

命日より満1年目の祥月命 一回忌
命日より満2年目の祥月命日 三回忌
命日より満6年目の祥月命日 七回忌
命日より満12年目の祥月命日 十三回忌
命日より満16年目の祥月命日 十七回忌
命日より満23年目の祥月命日 二十三回忌
命日より満24年目の祥月命日 二十五回忌
命日より満26年目の祥月命日 二十七回忌
命日より満32年目の祥月命日 三十三回忌
命日より満36年目の祥月命日 三十七回忌
命日より満49年目の祥月命日 五十回忌
命日より満100年目の祥月命日 百回忌
命日より満150年目の祥月命日 百五十回忌 以後五十年毎に営む

●一回忌(一年目)
亡くなった翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が一周忌です。
親戚や故人と親しかった友人・知人を招き、比較的盛大に営みます。

●三回忌(二年目)
一周忌の翌年、つまり満二年目に行うのが三回忌です。
*2年めの祥月命日は三回忌となります。
これは没後満2年目にあたりますが、3年目を迎えるということで「三回忌」といいます。

●祥月命日
亡くなった同月同日を祥月命日といい、一周忌、三周忌などの年回忌だけでなく、
毎年訪れる同じ月日の命日をさします。

祥月命日は、特に人を招いたりはしませんが、仏壇に供物や花を供え
お寺様をお迎えし、ご家族でお参りをします。

●三回忌以降の法要
正式には三回忌以降の法要は、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十五回忌
二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、五十回忌、百回忌とあり、
以後は五十年目ごとに年忌法要を営むとされます。

しかし一般的な例から言えば、年季法要は一回忌・三回忌・七回忌・十三回忌・二十三回忌
二十七回忌・三十三回忌・五十回忌に勤められ、五十回忌を故人の年季法要の区切りと
することが多いようです。

つまり五十回忌の法要を行いそれ以後は一括して”ご先祖様”の仲間入りを
していただこうということになるのです。

年回法要というより”ご先祖様まつり”という気持ちで、ご先祖様から代々伝えられた
命のよろこび、感謝する一日となりましょう。

Q9 法要の準備は何をするのか?

法要の手順等は宗派及び地方の習慣により多少異なりますので
必ずお寺様と事前に打ち合わせ、ご相談の上お決め下さい。

故人に一番近い人が施主になります。
法要の施主は、故人に一番近い人が務めるのが一般的です。
たとえば、夫の法要は妻が、親の法要は長男かそれに順ずる人が 子の法要は親が施主を務めます。

法要の場所を決める。
法要を営む場所に、特に決まりはありません。
法要の会場は一般的には自宅か菩提寺ですが、近年では一般斎場やホテルで行う
ケースも増えています。

法要の日取りは命日より前に
故人の命日が正式ですが、都合でそれを変更して行う場合は通常、命日より前に設定します。

招待客の人数は
招待客は、一周忌までは、親戚はもちろん、友人・知人も含め、比較的多くをお招きします。
三回忌からは、次第に関係の深い人だけに絞っていくのが普通です。

日取りが決まったら案内状を出す。
日取りが決まったら、一ヵ月くらい前までに案内状を発送します。
日時と会場、会食の有無を明記し、必ず出欠の返信はがきを用意します。

引き出物は実用的なものを。
引き出物は参列者の荷物にならないようなもの、いくらあっても困らない実用品が一般的です。

会食は本来精進料理が基本とされていますが最近はあまりこだわらなくなっています。
手作りの料理でもてなしたり、仕出し屋や料亭・ホテルを利用したりします。
お酒などを用意して参会者に差し上げたりすることもあります。

法要の進行の一例
施主のあいさつ
お寺様の読経・・・参列者一同厳粛に、正座して拝聴します。
焼香・・・お寺様の合図で、施主を初めとして、故人と血縁の近い順に焼香していきます。
お寺様の法話・・・焼香・読経が終わると、お寺様の法話が始まります。
お墓参り・・・施主は、参加者に法要の終了のあいさつをして、後にお墓参りと会食を予定している場合はその案内のあいさつをします。
次の席への案内・・・お墓参りは参会者一同お墓へ参詣して卆塔婆を立て、墓前供養をします。お寺様に同行してもらった場合は、読経していただいている間に、焼香します。
会食・・・施主はころあいを見て一人ひとりに礼を述べながら引き出物を手渡します。
施主より終了のあいさつ

Q10 お寺様へのお礼はどうするべきか?

お寺様への謝礼は「御布施」又は「御礼」と書きし、読経後にお渡しします。
金額については、特に基準はありませんが、法要の規模やお寺、
お寺様の人数によって異なります。

お寺様に、霊園や自宅に出向いてもらった場合は、「御車料」をお包みします。

自宅で宴席を設けた場合、お寺様にも席についてもらいますが、都合で出席されない場合
あるいは会席に招かない場合にも「御膳料」を包むのが礼儀です。

Q11 お寺様へのお礼はどうするべきか?

法要に招かれたら、都合のつく限り出席しましょう。
通知を受けたら、早めに出欠の返事を出しましょう。

服装は、初七日、七七日(四十九日)は喪服か、平服なら地味なものを。
年季法要の場合は平服でかまいませんが派手なのは避けます。

当日は時間の余裕をもって、会場に着くようにします。
持参する金包みは、不祝儀袋に「御仏前」「御香料」「御供物料」などと書きます。
供物を持っていく場合は、お香・お花が最適です。

やむをえず欠席するときは、事前に「御仏前」などと表書きした金包みを送り
後日焼香に訪問しましょう。

水引と表書き

お寺様への御礼

●ご法事を営まれる場合
■水引
49日までは黒白の水引を、忌明ケ後は黄白の水引を使用。別にお膳代・お車代を包む場合は白無地の封筒で。

●ご葬儀の場合
■水引
銀の水引を使用。別にお膳代・お車代を包む場合は白無地の封筒で。

●新しくお仏像に開眼・入仏・入魂する際の御礼
■水引
赤白の水引を使用。
真宗では(入仏法要御礼)とします。

●お寺様の落慶やご住職が代わった時などのお祝事に
■水引
赤白の水引を使用。

●御家のお仏像修理のため一時魂を抜いてもらう御礼
■水引
赤白の水引を使用。
※真宗系以外で使用します。

●ご法事やお盆・お彼岸に墓前で読経していただいた御礼
■水引
黄白の水引を使用。

ご葬儀・ご法事以外の宗派別お包みの仕方

●ご神式の場合
■水引
銀の水引を使用。
■表書き
(御榊料・御神前・御花料)でもよい。

●キリスト教の場合
■表書き
旧教・新教とも同じ。

●仏式の場合
■水引
黒白の水引を使用。
■表書き
真宗では御仏前と表書きします。

ご法事に訪問される場合

●五十回忌・百回忌などの「弔い上げ」となるご法事の場合
■水引
赤白の水引を使用。

●忌明(四十九日)後のご法事の場合
■水引
黄白の水引を使用。
■表書き
(御供物料)でもよい。

●忌明(四十九日)までのご法事の場合
■水引
黒白の水引を使用。
■表書き
真宗では御仏前と表書きします。

●法事等で伺う際に一般的によく用いられます。
■水引
黄白の水引

仏事に招かれた場合

●新しく石塔を建立された御家に御祝をする場合
■水引
赤白の水引を使用。

●新しいお仏像に入魂・開眼・入仏をする御家に御祝をする場合
■水引
赤白の水引を使用。

●新しくお仏壇を購入された御家に御祝をする場合
■水引
赤白の水引を使用。
■表書き
真宗の場合は「入仏御祝」とします。
※ご不幸があった場合は黄白で御供えとされる場合もあります。

お客様へのお返しの掛紙

●忌明(四十九日)後に行うご法事の引出物に付ける場合
■水引
黄白の水引を使用。

●忌明(四十九日)のご法事の供え物・配り物に付ける場合
■水引
黄白か青白の水引を使用。
■表書き
志でもよい。

●忌明(四十九日)のご法事の引出物に付ける場合
■水引
黄白の水引を使用。
■表書き
志・忌明志でもよい。