仏壇のリフォームとは?

代々お祀りしてきた大切なお仏壇を新品同様に輝かせてみませんか?
当店では優秀な職人の技で、長期に渡りお祀りしたお仏壇を、次の世代へも伝えて頂ける様に、美しく修復させていただきます。
ススやホコリの汚れ、金箔・漆塗り部分の剥がれ、障子が破れ、金具が外れた等、些細な傷の補修から、お仏壇の分解やお洗濯まで、ご依頼を承っております。

閣雲堂の修復仏壇の特徴

・お見積無料!
・当社の専門スタッフがご自宅にお伺いし、お仏壇の採寸、現状確認撮影、お引き取り、納品飾付迄行います。
・国産仏壇工場の熟練の職人によりひとつひとつ丁寧に解体・洗浄・塗装します。
・実店舗があるから、後々の修復も安心。
・製造元問わず、全てのお仏壇を承ります。

修復例
1.解体

お仏壇をパーツごとに解体します。
扉・戸・宮殿等の部品を拭き上げます。彫刻や金具なども全て外します。

2.洗浄

洗浄し、細部まで染み込んだ汚れを洗います。
洗浄後、十分に天然乾燥させ、人工乾燥します。
狂いや割れを防止するため、日陰のある室内で2~3週間、乾燥後の木材の水分を安定させます。

3.木地加工・研磨

木地の凹凸や傷などを埋め、平らに補修します。
扉・側面板・内部段・台輪等に反りや狂いがある場合は、木地の新調や加工をします。

4.下塗り・研磨

下地塗りを施し、研磨します。
下地を滑らかに整えることにより、後に塗装する漆の美しい艶や光沢を際立たせます。

塗師が、胡粉(貝殻の粉末)をニカワで炊いた液を下地として吹き付け、乾燥させます。
その後、水を含ませた砥石で練り上げ、ヘラで平滑にし、もう一度乾燥し、その後さらにペーパーで平滑にします。

5.漆塗り

中塗り後、充分に乾燥した後、細かいペーパーで丁寧に研磨します。さらに仕上げ塗りをし研磨します。(吹付け塗装と刷毛による手塗りの二種類があります)塗りと研磨を繰り返し、鏡の様な光沢と奥深い艶を生み出します。

6.金箔貼り

金箔押師が、金箔仕上げ及び金粉蒔きをします。金箔・金粉は、剥がれにくく丈夫な箔つけ漆で接着させ、湿度を加えた室の中で二日以上、乾燥させます。金箔は、金沢製の金箔を使用しています。

7.彩色・蒔絵

修復前の蒔絵を落とし、手作業で蒔絵を書きます。
筆で細かい線を描き入れ、金箔や金粉を華やかに施す消粉蒔絵等、伝統の技を駆使し色鮮やかに仕上げます。

8.組立

お仏壇を組み立ます。部材一つ一つ組み立てていきます。

ご依頼から納品までの流れ

お仏壇の洗浄・修理は、状態・寸法・復元したい内容・設置状況等により方法と料金は様々です。 当店スタッフがお仏壇を点検させて頂き。施行方法等の説明を行った上で、ご希望をお聞きしてお見積り致します。 まずはお気軽にご相談ください。

お仏壇のお手入目安

お仏壇を長くお祀り頂くためにも適切な時期に手直しや、お洗濯をしましょう。
※年数は目安です。安置場所の環境やご使用方法により異なります。

10~15年

小さな傷には早めの対処を!
落下傷・凹み・こげ・水気による木地膨張はありませんか。
部分修理もお任せ下さい。

15~20年

障子や部分修理の時期
障子の破れや扉の閉まり具合はいかがですか?
障子の紗の貼り替えや部分洗濯をする事で見違える様になります。

20~30年

すす汚れ・塗り部分の曇り・木地痩せの時期
お線香のすす汚れ・艶がない等、汚れが目立ってきます。
また、割れや反り等で木地が傷んできます。
ご先祖様からの大切なお仏壇をリフレッシュしませんか?

金仏壇の修復

1.仏壇の解体

仏壇の外扉・内障子・彫刻などを外した後、各部品をつないであるくさび留めや金具を取り外して分解します。打ち付けてある飾り金具などもすべて取り外します。

2.汚れを洗浄

長期に渡りお祀りした仏壇にこびりついたホコリや汚れを、専用の薬品を使ってしっかり洗い落とします。表面に塗ってある古い漆や金箔は全て剥がし落とし、飾り金具は色付けやメッキを施します。

3.傷の補修

木地や彫刻の傷んでいる部分があれば補修や補足を施します。小さな傷は目立たないように補修し、大きな傷は漆を一度剥がし、下地を作って、塗り直します。金具が打ち付けてあった釘穴を埋め、反りや傷みがひどい部分は交換します。

4.下地作り~漆塗り

洗って十分に乾燥させた部品は表面が均一になるまで研磨します、漆を繰り返し塗り、中塗り~上塗りへと仕上、光沢をよみがえらせます。

5.金箔押し・蒔絵

表面にムラなく均等に金箔を押していき、手書き蒔絵を施します。当時の輝きや色鮮やかさを取り戻します。

6.紗の張り替え

障子の状態やお客様のご希望により、紗の張り替えを行います。

7.金具打ち・組立

仏壇本体の修復が終わったら、取り外した金具や、新調した金具を打って元の姿に組み立てます。扉の障子が破れていた場合は張り替えた後、本体に取り付けます。修復の工程は、新品の仏壇を作るときとほとんど同じ作業工程です。組み立てた後には最終チェックを行います。

※上記の修復工程は一例です。新品の仏壇を作るときとほぼ同じ工程で仕上ます。
また、修復の内容により上記工程と異なる場合もございます。

修復例

障子
障子骨折が見られ、金箔部分が変色しています。
障子骨の欠損部分を補修し、紗を貼り替え、溜め漆塗装後、金具を調整しました。
障子腰部分には金粉を蒔き、美しい障子が復元しました。

内部
仏壇内部は全体的にくすみ、金箔部分はすす等で汚れ、変色しています。
漆を丹念に塗り上げて、純金箔を丁寧に押し直し、柱部分には彩色を施しました。段部分の金具は新調し、新品同様の輝きと美しさを取り戻しています。

宮殿
煤や汚れのくすみで黒ずんでいた宮殿の屋根も金箔で見違えるように輝きを取り戻しています。
彫刻欠損調整後、細部の彫刻まで丹念に金箔を丁寧に押し直し、鮮やかな彩色を施しました。
蒔絵も施されて見た目も鮮やかです。

欄間
欠損部分を補修し、くすんでいた彫刻部分を洗浄後、金箔を貼り直しました。
金具を新調し、美しい金色の世界が蘇ります。

下台
仏具落下等による凹み・傷が見られます。
膳引きは蝋燭の汚れや傷、金具の錆がありましたが、漆塗装を施し漆黒の艶が蘇ります。

唐木仏壇の修復

1.仏壇の解体

仏壇の外扉・内障子・彫刻などを外した後、各部品をつないでいるさび留めや金具を取り外して分解します。打ち付けてある金具などもすべて取り外します。

2.汚れを洗浄

長期に渡りお祀りした仏壇にこびりついたすすや汚れを、専用の薬品を使ってしっかり洗い落とします。細かな彫り物の部分なども丹念に綺麗にしていきます。

3.傷の補修

木地や彫刻の傷んでいる部分があれば補修や補足を施します。小さな傷は目立たないように補修し、大きな傷は下地を作って、塗り直します。金具が打ち付けてあった釘穴を埋め、反りや傷みがひどい部分は交換します。

4.塗装

表面が均一になるまで塗装と研磨を繰り返して仕上ていきます。さらに耐水性のあるウレタン塗装を施し、お仏壇を水分から守ります。

5.紗の張り替え・背板金紙貼り替え

障子骨の欠損部分を補修し、紗を張り替えます。
内部背板に金紙を貼り替えます。

6.金具打ち・組立

仏壇本体の修復が終わったら、取り外した金具や、新調した金具を打って元の姿に組み立てます。修復の工程は、新品の仏壇を作る時とほぼ同じ作業工程です。組み立てた後には最終チェックを行います。

※上記の修復工程は一例です。新品の仏壇を作る時とほぼ同じ工程で仕上ます。
また、修復の内容により上記工程と異なる場合もございます。

障子
障子骨の欠損部分を補修し、紗を貼り替え、塗装後、金具を調整しました。
障子腰部分を補修し、美しい障子が復元しました。

障子腰
障子腰も美しく復元しました。

欄間
煤や汚れで黒ずんでいた欄間も、彫刻欠損部分を調整し、塗装を施し、生まれ変わりました。

内部
段周りは、仏具落下等による凹み・傷が見られます。
欠損部分を彫刻補修後、凹みを埋め、研磨し丁寧に塗装し直しました。

須弥壇
煤や汚れのくすみで黒ずんでいた背板の金紙を貼り替え、見違える様な輝きを取り戻しました。

家具調仏壇の修復

傷の補修・部品の交換

蝋燭やお線香で本体を焦がした、水分のシミやぶつけて傷がついた、ライトが付かなくなった等、当店では家具調仏壇の修理も承っております。
ライトの交換や部品の修理で、今までのように快適にお祀りいただけます。

よくある質問

お仏壇の修理・洗いについてよくある質問をまとめました

Q.仏壇の洗濯や修復って何をするのですか?

A.一般的には修復のことを洗濯・彩色・塗り替えといいます。これは完全に仏壇を分解して下地処理をして漆を塗り直し、金箔も全てはり替える為、新品同様に仕上がる方法です。

Q.部分的な洗濯・修繕も可能ですか?

A.はい、気になる部分のみの洗濯・修繕もお受けいたします。

Q.仏壇は家から搬出するのでしょうか?

A.仏壇は分解してお洗濯・修繕をいたしますので、全てお預かりさせていただきます。

Q.住居のリフォームを行う期間などの一時預かりはできますか?

A.お洗濯・修繕のご注文をいただいた場合のみお預かりいたします。

Q.洗濯・修繕の期間はどのくらいですか?

A.仏壇の形状、汚れ・傷み具合によってかかる期間が違ってきますので、お見積りの際に期間を掲示させていただきます。お急ぎの場合はご相談ください。

Q.予算が限られているのですが・・・

A.遠慮なくご相談ください。ご予算の範囲でご提案させていただきます。

Q.仏壇はどんな時にきれいにすればいいのでしょうか?

A.皆様からご依頼を多くいただく時期は、法事の前、お正月前、お盆前、お彼岸前、お引越し時、住居の新築・改装時などです。ご家族やご親戚が集まる機会の前というのが多いようです。

Q.金箔の部分に汚れや剥がれがあるのですが・・・

A.部分的に汚れていたり剥がれている場合はその部分の補修も広い範囲ではり直すかなど、細かくお客様のご希望をうかがいます。

Q.蒔絵もきれいになりますか?

A.はい。可能な限り補修を行います。

Q.仏壇の金具が錆びてしまっているのも綺麗になりますか?

A.錆びついた金具は取り外して、金メッキや塗装をさせていただきます。錆がひどく欠けてしまっている場合にはご希望により新調いたします。

Q.仏壇が歪んで扉が開きにくいのですが・・・

A.はい、直ります。分解後、仏壇を組み立て直す段階で歪みを補正します。

Q.仏壇の中で仏具を落としてしまい傷がつきましたが直りますか?

A.はい、直ります。目立たなくする方法、全く分からなくする方法などいくつか方法があります。

Q.障子の格子の部分が壊れてしまっていますが直りますか?

A.はい、直ります。合わせて障子の紗(しゃ)のはり替えもいたします。

Q.仏具の販売もしていますか?

A,もちろん販売しております。高品質の仏具を多数取り揃えておりますのでお気軽のご来店ください。