唐木仏壇のリフォーム

創業40余年の信頼と実績

凹みや傷も美しく修復する熟練の職人による伝統の技

唐木仏壇の修復

1.仏壇の解体

仏壇の外扉・内障子・彫刻などを外した後、各部品をつないでいるさび留めや金具を取り外して分解します。打ち付けてある金具などもすべて取り外します。

2.汚れを洗浄

長期に渡りお祀りした仏壇にこびりついたすすや汚れを、専用の薬品を使ってしっかり洗い落とします。細かな彫り物の部分なども丹念に綺麗にしていきます。

3.傷の補修

木地や彫刻の傷んでいる部分があれば補修や補足を施します。小さな傷は目立たないように補修し、大きな傷は下地を作って、塗り直します。金具が打ち付けてあった釘穴を埋め、反りや傷みがひどい部分は交換します。

4.塗装

表面が均一になるまで塗装と研磨を繰り返して仕上ていきます。さらに耐水性のあるウレタン塗装を施し、お仏壇を水分から守ります。

5.紗の張り替え・背板金紙貼り替え

障子骨の欠損部分を補修し、紗を張り替えます。
内部背板に金紙を貼り替えます。

6.金具打ち・組立

仏壇本体の修復が終わったら、取り外した金具や、新調した金具を打って元の姿に組み立てます。修復の工程は、新品の仏壇を作る時とほぼ同じ作業工程です。組み立てた後には最終チェックを行います。

※上記の修復工程は一例です。新品の仏壇を作る時とほぼ同じ工程で仕上ます。
また、修復の内容により上記工程と異なる場合もございます。

修復例

障子

障子骨の欠損部分を補修し、紗を貼り替え、塗装後、金具を調整しました。
障子腰部分を補修し、美しい障子が復元しました。


障子腰

障子腰も美しく復元しました。


欄間

煤や汚れで黒ずんでいた欄間も、彫刻欠損部分を調整し、塗装を施し、生まれ変わりました。


内部

段周りは、仏具落下等による凹み・傷が見られます。
欠損部分を彫刻補修後、凹みを埋め、研磨し丁寧に塗装し直しました。


須弥壇

煤や汚れのくすみで黒ずんでいた背板の金紙を貼り替え、見違える様な輝きを取り戻しました。