金仏壇のリフォーム

創業40余年の信頼と実績

蘇る輝きと艶は熟練の職人による伝統の技

金仏壇の修復

1.仏壇の解体

仏壇の外扉・内障子・彫刻などを外した後、各部品をつないであるくさび留めや金具を取り外して分解します。打ち付けてある飾り金具などもすべて取り外します。

2.汚れを洗浄

長期に渡りお祀りした仏壇にこびりついたホコリや汚れを、専用の薬品を使ってしっかり洗い落とします。表面に塗ってある古い漆や金箔は全て剥がし落とし、飾り金具は色付けやメッキを施します。

3.傷の補修

木地や彫刻の傷んでいる部分があれば補修や補足を施します。小さな傷は目立たないように補修し、大きな傷は漆を一度剥がし、下地を作って、塗り直します。金具が打ち付けてあった釘穴を埋め、反りや傷みがひどい部分は交換します。

4.下地作り~漆塗り

洗って十分に乾燥させた部品は表面が均一になるまで研磨します、漆を繰り返し塗り、中塗り~上塗りへと仕上、光沢をよみがえらせます。

5.金箔押し・蒔絵

表面にムラなく均等に金箔を押していき、手書き蒔絵を施します。当時の輝きや色鮮やかさを取り戻します。

6.紗の張り替え

障子の状態やお客様のご希望により、紗の張り替えを行います。

7.金具打ち・組立

仏壇本体の修復が終わったら、取り外した金具や、新調した金具を打って元の姿に組み立てます。扉の障子が破れていた場合は張り替えた後、本体に取り付けます。修復の工程は、新品の仏壇を作るときとほとんど同じ作業工程です。組み立てた後には最終チェックを行います。

※上記の修復工程は一例です。新品の仏壇を作るときとほぼ同じ工程で仕上ます。
また、修復の内容により上記工程と異なる場合もございます。

修復例


障子

障子骨折が見られ、金箔部分が変色しています。
障子骨の欠損部分を補修し、紗を貼り替え、溜め漆塗装後、金具を調整しました。
障子腰部分には金粉を蒔き、美しい障子が復元しました。


内部

仏壇内部は全体的にくすみ、金箔部分はすす等で汚れ、変色しています。
漆を丹念に塗り上げて、純金箔を丁寧に押し直し、柱部分には彩色を施しました。段部分の金具は新調し、新品同様の輝きと美しさを取り戻しています。


宮殿

煤や汚れのくすみで黒ずんでいた宮殿の屋根も金箔で見違えるように輝きを取り戻しています。
彫刻欠損調整後、細部の彫刻まで丹念に金箔を丁寧に押し直し、鮮やかな彩色を施しました。
蒔絵も施されて見た目も鮮やかです。


欄間

欠損部分を補修し、くすんでいた彫刻部分を洗浄後、金箔を貼り直しました。
金具を新調し、美しい金色の世界が蘇ります。


下台

仏具落下等による凹み・傷が見られます。
膳引きは蝋燭の汚れや傷、金具の錆がありましたが、漆塗装を施し漆黒の艶が蘇ります。